Loading・・・
  • 楽埔町の前身である錦町の日本宿舎は、早期の林務局官員が使用するために提供されたものでしたが、その後、管理が行き届かなくなり次第に凋落しました。2013年、台北市文化局の仲介の下、この歴史ある人文的意義を持つ古い家屋は、立偕生活文化チームに任されることとなりました。

    立偕は、楽しい肥沃な土地を意味する名前をつけ、楽埔町が美しく芸術が一堂に集まる地となることを願いながら、一年半にわたる修復を経て、家屋のもとの風貌を大事にすることを前提として、日本建築の厳格さと伝統を受け継ぎながらも、同時に現代的思惟によって新しくその内部空間を計画しました。飲食と色彩の美を出発点として、歴史的建造物に新しい生命と記憶を与えました。