Loading・・・

 

土鍋飯:

楽埔町は日本銀峯の菊花炊飯鍋を使用。陶土を用いて手作りされた土鍋は工藝美学の意味を持つ調理器具です。土鍋の加熱速度は速く、加熱中も熱を逃がさず、火を止めた後も熱を伝え、食材本来の味を保ちます。選び抜かれた小農好米を洗って、水と米を黄金率で浸してから、勝負どころの火加減となります!米粒は、強火で温められ柔らかくなります。米が煮立ち踊った後、とろ火のワルツに変わり、最後は燃え尽きた余熱で蒸気を米の芯まで浸透させる・・・鍋の中のロマンティックな化学反応の完成です。このめぐり合いの中、鍋の中の水の熱対流により蓋を開けた時に米粒の一つ一つがはっきりとして立ち上がっているのです! 楽埔町が米食の美しい景色をお目にかけます。

選び抜かれた小農良米: 台湾はうるち米を生産する国の中で、最も緯度が低く、旬の日照時間が異なるため、一期・二期米にも違いがあります。楽埔町は最適な調理法を探り、美味しい米料理のために、台湾各地の小農家の貴重な白米を厳選し、土地を敬う心をもち食することで、食と土地の共生共栄をさせ、最も純粋な炊き・蒸し方で台湾の米食文化をご提供いたします。

海の幸鮮魚:

台湾は四方を海に囲まれ、様々な港からやって来た鮮魚は、渦巻く海流の中で鍛えられ、肉質は歯ごたえと甘みがあります。楽埔町はシンプルな調理法で海の甘美をお客様にご提供いたしします。早朝と夕暮れの港、出港あるいは帰港する船たち、漁師と大海原が記した物語を思わせます。

旬の旨み豚:

。科学技術を用いて養豚場を管理しながら、昔ながらの養豚経験も忘れない永隆牧場の豚は、一頭一頭が科学的に検査され農薬残留もなく安心です。同時に、独特の飲食経験があり、野菜や果物の旬ごとに、豚肉の風味が微妙な変化―肉の色合い・保水力・柔らかさ・大理石紋様・風味・肉汁の違い―が生まれます。豚肉の調理と飼育文化を塗りかえました。

香甜チキンテンダー:

養鶏事業への気持ちと展望を抱いて凱馨実業が研究開発した育種は、6年という時間をかけて台湾初の国際育種基準を満たす美味しい地鶏を作り出しました。六万羽の雌鶏から二百羽の原種を選び出し、七代以上の飼育を通して選ばれて誕生した鶏種です。産卵率が高く健康で、安心してお召し上がりいただけます。

樂埔壹豆府:

非遺伝子組換え大豆を選び、経験豊富な豆腐職人が、天候別に大豆、水の割合を決定。何度も水を替えては浸し、苗栗丘陵の清らかで甘い山泉水で磨られた濃厚な豆乳。そして天然にがりによる豆腐作りは、変化が激しく難易度が高く、海水から作られたにがりはミネラル分の違いで味も違ってくるため、大豆本来の甘みが引き出されるます。それはまるで豆腐の真心であるかのようです。